お腹のダイエット成功方法ガイド!【三日坊主におさらば編】
お腹のダイエット成功方法ガイド!【三日坊主におさらば編】

お腹を引き締めるための効果的な筋トレ方法

お腹のダイエットに向けて筋トレ方法についてまとめました。お腹周りの筋肉をつけることでウエスト周りをすっきりと引き締め、だらしなかったぽっこりお腹とおさらばしましょう!

プランク

プランク

まず私がおすすめしたいのはプランクという筋トレ方法です。難易度も強度も高くないので、誰でも今日から始めることができます。

プランクのイメージは、うつ伏せの状態になって腰と背中を持ち上げる動作です。
具体的には、まずうつ伏せの状態から肘~手が床につくように肩を持ち上げて支えます。
その後、その肩の高さに合わせて腰も持ち上げます。肩~腰は床と並行になるようにして、最後につま先を立てます。

つまり、床には手~腕、つま先のみがついている状態になり、横からみると肩と腰の位置が平行で肘~肩と肩~腰が直角になっています。
この姿勢をキープすることでお腹周りに自然に力が入りますので、無理なく筋トレができます。

注意点としては、腰が上がってしまわないようにすること。肩~腰を床と並行にする姿勢をキープすることが大切なんです。
キープする時間は30秒を1セットにして何度か繰り返しましょう。
筋トレは三日坊主ではなく長く継続することが大切ですので、最初から張り切りすぎずにまずは習慣化できるまで無理なく行っていきましょう。

クランチ

クランチ

次にクランチです。クランチもお腹のダイエットに効果のある筋トレ方法の一つです。

クランチのイメージは、仰向けの状態で膝を立てて曲げて状態を膝に向けて起こす動作なので、基本的な腹筋運動と非常に似ています。
ただし通常の腹筋運動とは大きな違いがあります。それは、状態すべてを起こさないということです。

具体的には、まず仰向けの状態で寝てから膝を曲げて脚をたてます。横から見ると膝を頂点に脚で三角形を描くようなイメージです。
次に両手を頭の後ろに添えて、あとは上体を起こすだけです。ただし、上体全てを起こすのではありません。
コツとしては、腰を床につけた状態で背中を曲げるイメージ。お腹を丸めるように上体を起こすんです。こうすることで意識が腹筋に集中します。
腰から肩まで一直線の状態で体を起こすと腰に負担がかかり怪我をするおそれもあるので注意が必要です。

上体を曲げる時には息をゆっくりと吐くようにして行いましょう。上体を戻す時も息をゆっくりと吐きながら少しずつ降ろしていきます。

これであなたも理想の美ボディに近づくことでしょう。

      2017/08/31

 - お腹のダイエットに筋肉が果たす役割とは?